高校生“社員”が新商品 食品や工芸品、18日発売/伊保内高

開発した新商品をPRする田岡武実さん(左)と戸田好音さん
開発した新商品をPRする田岡武実さん(左)と戸田好音さん
岩手県立伊保内高(日野澤明彦校長)の全校生徒60人が“社員”となり、九戸村の地域活性化に取り組む任意団体「伊高むらおこし会社」が、地元の食材や素材を活用した8品目の新商品を開発した。18日から25日まで、村の産直施設「オドデ館」で販売する。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録