規制委、横浜断層を本格議論 東通原発、東傾斜の扱い焦点

原子力規制委員会は17日、東北電力東通原発(東通村)の審査会合を開き、耐震設計の目安となる地震の揺れ(基準地震動)を定める上で重要な「横浜断層」の本格的な議論に入った。西傾斜の断層に加え、不確かさを考慮して想定する東傾斜の扱いが焦点となる。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録