【自民総裁選】本命不在、レース混沌 決選投票視野にうごめき

 自民党派閥の支持動向
 自民党派閥の支持動向
「ポスト菅」を決める自民党総裁選の号砲が鳴った。自主投票の派閥が続出し、衆院選を控えた多くの議員が「選挙の顔」を自ら選べるのは異例。本命不在の中、4氏の陣営は地方票獲得へ独自戦略を練り、態度未定の議員への働き掛けを強める。同時に視野に入れる.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録