「特定行為研修」修了で決意 看護師5人、一部の診療補助可能に

佐藤敬学長(左)から修了証を受ける研修生
佐藤敬学長(左)から修了証を受ける研修生
青森中央学院大は15日、医師の判断を待たずに診療の補助行為ができる看護師を育成する、「特定行為研修」の第1期生修了式を同大で開いた。1年間の課程を終えた看護師5人が、これからの活動へ決意を新たにした。 特定行為の研修を修了した看護師は、医師.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録