韓国自営業4割が廃業検討 コロナ長期化で疲弊

 ソウルの繁華街明洞で目立つ空き店舗=1日(共同)
 ソウルの繁華街明洞で目立つ空き店舗=1日(共同)
【ソウル共同】韓国の民間シンクタンク、韓国経済研究院は17日までに、飲食店や塾、スポーツジムなどの自営業者500人を調査した結果、新型コロナウイルス感染拡大の長期化に伴い、39%が廃業を検討していると回答したと発表した。夜間営業の短縮や人数.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録