Free小中学校での感染防止役立てて 久慈の栄光商会、市に消毒用品寄贈

久慈市に手指消毒用品を寄贈した栄光商会の川又裕吉代表取締役(左から3人目)
久慈市に手指消毒用品を寄贈した栄光商会の川又裕吉代表取締役(左から3人目)

ダスキン事業や介護事業を展開する栄光商会(久慈市、川又裕吉代表取締役)がこのほど、小中学校での新型コロナウイルス感染防止対策に役立ててほしいと、手指消毒用品2950個を市に寄贈した。同社の寄贈は昨年度から4度目。

 寄贈したのは市販の携帯用ハンドジェルで、市内の小学校13校、中学校8校の児童や生徒、教職員に1個ずつ配布される。

 川又さんが市役所を訪れ、遠藤譲一市長に寄贈品を手渡し、「新型コロナを乗り越え、久慈市が元気を取り戻さなくてはいけないと思っている」と話した。遠藤市長は「子どもたちへの感染が厳しい状況となっており、有効に活用したい」と謝意を示した。

お気に入り登録