船員不足、離島航路に影 存続に苦心、事業者撤退も

 国内旅客船の船員数と離島航路の欠損金額の推移
 国内旅客船の船員数と離島航路の欠損金額の推移
離島住民の生活を支える航路の存続に、船員の担い手不足や高齢化が影を落としている。大分県津久見市では運航会社が撤退を表明し、後継探しが難航。他の地域でも事業者の経営は「ぎりぎりの状況」と厳しく、自治体は新規参入の促進などに知恵を絞っている。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録