時評(9月16日)

北朝鮮は、新型の長距離巡航ミサイルの発射実験を行い、2時間6分20秒の飛行で1500キロ先の標的に命中させたと明らかにした。それに続き、弾道ミサイルの可能性があるものも日本海に向け2発発射した。 弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会決議に違.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録