新米需要、回復見通せず 作付け転換も価格維持限界

 コメ相対取引価格の推移
 コメ相対取引価格の推移
2021年産の主食用米は飼料用などへの大規模な作付け転換を全国で進めたにもかかわらず、新型コロナウイルス禍が続く中で需要の先行きが見通せず、主要銘柄で生産者に仮払いする概算金の減額が相次いだ。値下がりは消費者に恩恵となる一方、外食を中心に需.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録