進展乏しく規制委苦言 再処理工場の設工認審査

原子力規制委員会は15日の定例会合で、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の安全対策工事に向けた設計認可(設工認)に関し、事務方から審査状況の報告を受けた。申請対象設備のリスト化に至っていない日本原燃の対応を問題視する声が上がり、更田豊志委.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録