死んだ仲間の声、今も耳に 満州の地、希望から絶望へ 柳条湖事件から90年

 1944年、茨城県の内原訓練所に向かう前に撮影した家族写真。前列中央が須田光司さん=長野県長沼村(現在の長野市・本人提供)
 1944年、茨城県の内原訓練所に向かう前に撮影した家族写真。前列中央が須田光司さん=長野県長沼村(現在の長野市・本人提供)
1931年9月、日本の旧関東軍が中国・奉天(現在の遼寧省瀋陽)近郊の柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破した「柳条湖事件」から18日で90年となる。日本が中国東北部を占領した満州事変の発端となり、現地につくられた「満州国」には新天地での生活を夢見.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録