住家被害498棟に拡大 全体被害額は38億9千万円 8月の大雨被害

温帯低気圧による8月の大雨災害で、青森県災害対策本部は15日、住家被害の調査がほぼ完了し、むつ、風間浦、七戸3市町で498棟に拡大したと明らかにした。このうちむつの住家が464棟で大半を占めた。 被害程度はむつが全壊7棟、半壊65棟、一部損.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録