Free【ワクチン広域接種】青森県、妊婦などに優先枠 八戸会場は八戸高等支援学校

青森県は15日、八戸、青森、弘前の3市で25日から実施する新型コロナウイルスワクチン広域接種で、妊婦や受験生を対象にした優先接種枠を設けると発表した。八戸市の会場は県立八戸高等支援学校で、18日からインターネットと電話で予約を受け付ける。

 広域接種の対象は12歳以上の県民で、11月14日まで毎週土、日曜に実施する。会場は、青森市が県立保健大学、弘前市が県立弘前第一養護学校高等部。

 確保しているワクチンは3万3600人分で、うち約1万5千人を優先接種枠に割り当てる。優先接種の対象は▽妊婦や同居家族▽理美容業従事者▽高校受験や大学受験を控えた中高生―など。モデルナ製ワクチンに異物が混入していた問題を受け、各会場に薬剤師を配置する。

 予約方法は、インターネットの予約システムとコールセンター=電話0570(000)605=の2種類。コールセンターの受付時間は午前9時~午後6時。予約サイトは24時間対応している。詳細は県のホームページにも掲載している。

お気に入り登録