卓上清浄器、仕切り板不要 青森県内の3社、改良版開発

 飛沫の拡散を防ぐ卓上型空気清浄器(中央下)の実演をする「マトリクス」の高松輝賢社長(中央)ら。左側から噴射された煙は上昇気流に阻まれ、向かい側まで届かなかった=14日、青森県弘前市
 飛沫の拡散を防ぐ卓上型空気清浄器(中央下)の実演をする「マトリクス」の高松輝賢社長(中央)ら。左側から噴射された煙は上昇気流に阻まれ、向かい側まで届かなかった=14日、青森県弘前市
新型コロナウイルス感染防止を目的に、青森県の製造業3社が共同開発した卓上型空気清浄器の改良版が14日、公開された。飲食店などで仕切りのアクリル板を使わずに会話やせきによる飛沫の拡散を防げる。開発を担った「マトリクス」(弘前市)の高松輝賢社長.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録