行動緩和「宣言解除後に」 尾身氏、感染再拡大を懸念

 衆院厚労委の閉会中審査で、答弁する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(中央)=15日午前
 衆院厚労委の閉会中審査で、答弁する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(中央)=15日午前
新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動制限緩和を巡り、政府の対策分科会の尾身茂会長は15日の衆院厚生労働委員会で「ワクチン接種率が上がったからと言って、急に緩めると必ずリバウンドが来る」と懸念を示し、緊急事態宣言解除後に実施すべきだと指.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録