車減産、景気押し下げ懸念 コロナ禍で部品供給混乱

 自動車メーカーの生産状況
 自動車メーカーの生産状況
東南アジアの新型コロナウイルス禍による部品調達難や半導体不足に伴う自動車各社の減産が、景気を押し下げるとの懸念が強まってきた。ダイハツ工業は14日、8~9月の国内4工場の稼働停止期間が3~23日に拡大すると発表した。トヨタ自動車は既に9月の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録