旭岳に「美しい登山道を」 傷み深刻、監視員女性が整備

 工具を使い木道を整備する藤このみさん=7月、北海道・旭岳
 工具を使い木道を整備する藤このみさん=7月、北海道・旭岳
「植生豊かで色彩の美しい景観にふさわしい登山道を」。北海道最高峰の大雪山系旭岳で環境保全監視員の女性が仕事の傍ら、登山道の整備を続けている。全国的にも登山道は国や自治体の資金不足で傷みが深刻化。整備の人材不足もあり安全性維持が課題だ。旭岳で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録