天鐘(9月14日)

ある文芸誌の編集者から酒席でこっそり聞いた話。老いてなお人気の高い大御所作家が長編小説に取り組んだ。読んでみると前に死んだはずの人物が何食わぬ様子で登場していた…▼指摘すると不機嫌になり担当を替えられた。若気の至りが招く失敗もあるが、ベテラ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録