北朝鮮が新型ミサイル実験 巡航型、1500㌔飛行/攻撃多様化、日米韓協議へ

 11、12両日に行われた新型長距離巡航ミサイルの発射実験とみられる写真。朝鮮中央通信が13日配信した(朝鮮中央通信=共同)
 11、12両日に行われた新型長距離巡航ミサイルの発射実験とみられる写真。朝鮮中央通信が13日配信した(朝鮮中央通信=共同)
【北京共同】朝鮮中央通信は13日、北朝鮮の国防科学院が11、12両日に新型長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと報じた。ミサイルは同国領土と領海内に設定した楕円と「8」の字形の軌道に沿い、2時間6分20秒にわたり1500キロ飛行し、目標に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録