時評(9月12日)

今月5日に熱戦の幕を下ろした東京パラリンピック。コロナ禍で原則無観客での開催となったものの、大勢の国民や海外の人々は、パラアスリートたちの心身のたくましさ、鍛え抜かれた技に、勇気をもらい、感動を覚えたことだろう。 大会は「共生社会」の実現を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録