【東京五輪パラ】コロナ批判過熱、露出減少 開催都市トップ、発言抑制

 東京五輪・パラリンピックを巡る小池都知事の動向(似顔 本間康司)
 東京五輪・パラリンピックを巡る小池都知事の動向(似顔 本間康司)
東京都の小池百合子知事が東京五輪・パラリンピックの閉幕後、大会関連の積極的な発信を抑えている。開催都市のトップながら、開幕前に新型コロナウイルス禍での実施に批判が過熱すると露出は減り、表立った発言を回避。今後、大会経費を巡る国との分担協議な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録