復興拠点87%が除染済み 「戻りたい」避難者わずか/原発事故の帰還困難区域

 福島県双葉町の特定復興再生拠点区域での家屋解体=3月
 福島県双葉町の特定復興再生拠点区域での家屋解体=3月
東京電力福島第1原発事故による福島県内の帰還困難区域のうち、2022年春以降に居住再開を目指して重点的に除染やインフラ整備を進める特定復興再生拠点区域(復興拠点)の除染進捗率は6月末時点で87%に達した。環境省が11日までに発表した。 放射.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録