空テロ対策にJAXA技術 警察庁、五輪警備で活用

 運航管理システムの画面。矢印が機体で、線で囲われた部分が飛行制限空域((c)JAXA)
 運航管理システムの画面。矢印が機体で、線で囲われた部分が飛行制限空域((c)JAXA)
警察庁は11日までに、東京五輪・パラリンピックでの航空機テロの警備で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した運航管理システムを活用したと発表した。2001年の米中枢同時テロでは民間機が突入に利用されたこともあり、競技会場上空などに設定さ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録