二戸のごみ問題、どう解決 福岡高生、SDGsテーマに研究

地域の課題研究に取り組んだ生徒と、カシオペア青年会議所のメンバー(写真上)と、研究成果を発表する生徒たち
地域の課題研究に取り組んだ生徒と、カシオペア青年会議所のメンバー(写真上)と、研究成果を発表する生徒たち
岩手県立福岡高(根反馨校長)の2年生は本年度、総合的な探求の時間を活用した「地方創生カシオペア講座」を通じ、地域課題の研究に取り組んだ。テーマ別の5コースのうち、持続可能な開発目標(SDGs)を選択した29人は、二戸市のごみ排出の現状を調査.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録