米、企業にワクチン義務化 政府職員ら含め計1億人/デルタ拡大で新行動計画

 9日、米ケンタッキー州で新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける軍人(ゲッティ=共同)
 9日、米ケンタッキー州で新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける軍人(ゲッティ=共同)
【ワシントン共同】バイデン米政権は9日、新型コロナウイルスのデルタ株の感染急拡大を受けて新たな行動計画を発表し、従業員100人以上の企業に対し、従業員のワクチン接種か毎週の検査を義務化する方針を示した。全ての連邦政府職員に加え、連邦政府の医.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録