Free潮風感じシーカヤック満喫 海岸清掃し環境美化も/野田

玉川漁港でシーカヤックを楽しむ参加者(写真上)と、玉川海岸でごみを拾い集める親子連れ
玉川漁港でシーカヤックを楽しむ参加者(写真上)と、玉川海岸でごみを拾い集める親子連れ

野田村トレイル振興会(平谷東英会長)主催のシーカヤック体験が5日、同村の玉川漁港で開かれ、小学生から大人までの男女17人がインストラクターから指導を受けながらマリンスポーツの魅力を体感した。さらに、「みちのく潮風トレイル」のコースになっている玉川海岸でビーチクリーン(海洋ごみの清掃活動)も行い、環境美化に心地よい汗を流した。

 みちのく潮風トレイルの利用促進を図ろうと企画した。参加者は同村や久慈市などから集まった。

 シーカヤック体験では北三陸OUTDOORS(八戸市)の大津貴規代表が乗り方やパドルの動かし方など基本動作を説明。

 参加者は2人1組になってシーカヤックに乗り込むと、息を合わせてパドルを動かして前進し、漁港内を周回するなどして1時間ほど楽しんだ。

 同村の玉川児童館支援員の金子彩香さん(31)は「とても楽しかった。方向転換が難しかったが、後ろに乗った妹がアシストしてくれた」と話した。

 玉川海岸の清掃には村職員も加わり、ペットボトルなど多くのごみが回収された。村立野田中3年の次嘉大海(しかだいき)さんは「意外とごみが多かった」と驚きの表情を見せていた。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録