Freeブレイズ、敵地で開幕2連戦 11日からIHジャパンカップ

レッドイーグルス北海道との開幕戦に向け、実戦形式の練習に汗を流すフリーブレイズの選手たち=9日、フラット八戸
レッドイーグルス北海道との開幕戦に向け、実戦形式の練習に汗を流すフリーブレイズの選手たち=9日、フラット八戸

アジアリーグアイスホッケーのジャパンカップ2021年シーズンは11日、各地で開幕する。八戸市などを拠点とする東北フリーブレイズは11、12日、敵地の北海道苫小牧市でレッドイーグルス北海道(旧王子イーグルス)との2連戦に臨む。昨季は6戦5敗と大きく負け越しただけに、今季は巻き返しを目指す。

 韓国、ロシアのチームも参戦するアジアリーグは昨季に続き、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった。2季連続でジャパンカップが開催され、国内5チームで日本一を争う。

 開幕を目前に控えた9日、ブレイズの選手たちはフラット八戸で約1時間にわたって実戦形式の練習などに汗を流した。

 レッドイーグルス戦に向けて、4日のプレシーズンゲームで得点を挙げるなど好仕上がりのFW武部虎太朗は「守りを固めて少ないチャンスを生かしたい。素早い攻撃をして勝ちにいく」と力を込めた。大久保智仁監督は「相手は日本代表レベルの選手がそろっていて、個人の能力が高い。泥臭く戦って、開幕2連勝を目指す」と意気込んだ。

 各日のフェースオフは11日が午後5時、12日が午後3時。

………………………… 
※Das9月号では、シーズンが開幕する東北フリーブレイズも特集しています。本紙発行エリアのコンビニ、伊吉書院、成田本店(青森市内3店含む)、本紙販売店で販売します。津軽地方の方は成田本店がお求めやすいです。
 購入フォームは、https://form.daily-tohoku.org/
スポーツサイト「Dash」はこちら。https://www.dt-dash.com/

お気に入り登録