菅首相、最後まで「後手」 退陣後へ影響力行使躍起

 退陣表明以降の首相の動き(似顔 本間康司)
 退陣表明以降の首相の動き(似顔 本間康司)
菅義偉首相が退陣意向表明後、初めての記者会見に臨んだ。新型コロナウイルス対策への専念を改めて退く理由に挙げたが、「レームダック(死に体)化」により政治空白を生んでいる形だ。感染拡大などに対応する追加経済対策の遅れは必至で、最後まで後手だとの.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録