Free朝のニュースダイジェスト(9月10日)

【下北大雨災害から1カ月 休業状態続く温泉郷】
 下北地方などに甚大な被害を及ぼした大雨から10日で1カ月が経過した。国道279号の寸断で一時孤立状態となり、土砂崩れや断水などに見舞われた風間浦村の下風呂温泉郷では、多くの旅館や民宿が休業を余儀なくされている。

 【青森県内で過去最多4件のクラスター】
 青森県などは9日、74人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。三戸地方保健所管内と八戸市、青森市で過去最多となる計4件のクラスター(感染者集団)が発生した。

 【盛岡の時短要請終了へ】
 岩手県は9日、新型コロナウイルスの感染防止対策強化のため盛岡市全域の飲食店に出していた営業時間の短縮要請を、当初の予定通り12日で終了すると決めた。

 【船首側船体、13日に県外へ移動】
 八戸港沖で貨物船「クリムゾン ポラリス」が座礁した事故で、船主サイドは9日、重油の抜き取り作業をしている船首側の船体について、油の抜き取り完了後の13日に八戸港を出港させると発表した。

 【「チキンカツ」初代王者は? 鶏肉産地の飲食店が決定戦】
 鶏肉の一大産地である二戸市と九戸村を舞台に、「第1回キングオブチキンカツ決定戦」が行われる。今月13日から11月14日までの間、飲食店16店舗で地元産鶏肉のチキンカツを共通食材とした料理を提供し、食べた客の投票で1位を決める。

お気に入り登録