コロナ患者居住地公表、県の方針尊重/三沢市議会一般質問

三沢市議会は9日、一般質問に入り、4議員が登壇した。小桧山吉紀市長は、青森県内の新型コロナウイルス感染症患者の居住地公表について、県が各市町村への意見照会を基に、保健所管内別での公表を続けている現状に「市として県の方針を尊重する」とする一方.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録