波瀾の遅咲き馬「奇跡を見せて」 トウカイテイオー最後の子

 疾走するキセキノテイオー=2日、北海道日高町の門別競馬場
 疾走するキセキノテイオー=2日、北海道日高町の門別競馬場
G14勝の名馬トウカイテイオー最後の産駒「キセキノテイオー」が話題を集めている。当初は競走馬になれなかったが、7歳で遅咲きのデビュー。母は台風で濁流に流された中で生き残った。波瀾(はらん)万丈の生涯を送り、今は若駒相手に苦戦が続くが、関係者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録