【貨物船座礁】船首側燃料タンクに浸水 油抜き取り日程に影響なし

八戸港沖でパナマ船籍の貨物船が座礁し、重油が流出した事故で、船主サイドは8日、同港内に着岸して油の抜き取りを行っている船首側の燃料タンクに浸水が確認されたと明らかにした。 船を管理する美須賀海運(愛媛県)によると、燃料タンクにはパイプが4本.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録