生き埋め13時間 悪夢の体験「伝える使命」/9・11から20年

 崩壊した世界貿易センタービルの鉄骨で作った十字架を見せるウィリアム・ヒメノ=8月21日、米ニュージャージー州チェスター(共同)
 崩壊した世界貿易センタービルの鉄骨で作った十字架を見せるウィリアム・ヒメノ=8月21日、米ニュージャージー州チェスター(共同)
「爆音がして火の玉が見えた。気付くとコンクリートの下敷きだった」。2001年9月11日朝、旅客機が突入した米ニューヨークの世界貿易センタービルへ警察官として救助活動に向かったウィリアム・ヒメノ(53)は、がれきの下で13時間も生き埋めになっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録