ジャッジで支えた東京パラ 八戸の教員2人、大舞台踏み決意新た

審判団で記念写真に収まる小野裕樹さん(右)(小野さん提供)=写真上=と、審判として活躍する山道律人さん(左奥)(国際パラバレー連盟ホームページより)
審判団で記念写真に収まる小野裕樹さん(右)(小野さん提供)=写真上=と、審判として活躍する山道律人さん(左奥)(国際パラバレー連盟ホームページより)
5日に閉幕した東京パラリンピックに、青森県内の教員2人が国際審判員として参加した。車いすバスケットボールの小野裕樹さん(45)=青森県立八戸第二養護学校教諭=と、シッティングバレーボールの山道律人さん(41)=八戸市立白銀南中教諭=だ。優れ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録