羽田新線、開業へ準備加速 22年度着工、築堤出土も

 羽田空港アクセス線(工事区間)
 羽田空港アクセス線(工事区間)
羽田空港と東京都心を直結するJR東日本の新路線「羽田空港アクセス線」は、2029年度の開業に向け準備が進む。早ければ22年度後半に着工する見通しで、工事予定地では日本初の鉄道の遺構「高輪築堤」の一部が出土する可能性もある。黒字転換に約30年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録