【W杯最終予選】初心思い出した日本/中国戦

 日本―中国 前半、ゴールを狙う久保建(右から2人目)=ドーハ((c)JFA)
 日本―中国 前半、ゴールを狙う久保建(右から2人目)=ドーハ((c)JFA)
1点リードの終盤、ベンチに下がった長友がタッチライン際まで出てきて手をたたき、声をからし、仲間を鼓舞した。日本は愚直に戦うという初心を思い出し、初勝利を挙げた。決勝点の大迫は「目を覚まさないといけない状況だった。最終予選は相当な覚悟が必要だ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録