【貨物船座礁】船尾側で薄い油膜確認

薄い油膜が確認された船尾側=7日午後2時ごろ(第2管区海上保安本部提供)
薄い油膜が確認された船尾側=7日午後2時ごろ(第2管区海上保安本部提供)
八戸港沖でパナマ船籍の貨物船が座礁し、重油が流出した事故で、第2管区海上保安本部(塩釜)は7日午後、同港沖で沈んだ状態の船尾側付近で薄い油膜を確認したと発表した。 油膜は船尾側の北に長さ約400メートル、幅約30メートル。タグボートや漁船が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録