戸籍に読み仮名、諮問へ デジタル化推進目的 「キラキラネーム」議論も

上川陽子法相は7日、身分証明の根本となる戸籍に「読み仮名」を記載するための検討を、法制審議会(法相の諮問機関)に諮問すると明らかにした。戸籍の氏名欄は現在、漢字で表記されているが、行政を含めた社会のデジタル化を推進する中で、読み仮名を付ける.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録