【新型コロナ】学び継続へオンライン活用 体制整備にばらつきも

 東京都品川区立城南小で、登校を控えた児童に向けてオンライン中継された授業=6日
 東京都品川区立城南小で、登校を控えた児童に向けてオンライン中継された授業=6日
新型コロナウイルス感染拡大が続く中、夏休み明けの各地の学校で臨時休校や分散登校などを余儀なくされている実態が文部科学省の調査で判明した。現場は学びを止めないためにオンラインの活用を模索し、対面と組み合わせた「ハイブリッド」型の授業をする学校.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録