【貨物船座礁】船長に罰金30万円の略式命令

八戸港沖でパナマ船籍の貨物船「クリムゾン ポラリス」(3万9910トン)が座礁し、重油が流出した事故で、八戸区検は7日、船の運航責任者である中国籍の男性船長(41)を業務上過失往来危険の罪で略式起訴した。八戸簡裁は同日、罰金30万円の略式命.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録