合唱コン東北大会で救済措置 青森県代表校は録音音源で審査

全日本合唱コンクール東北支部大会(24~26日、山形市)を主催する全日本合唱連盟東北支部は7日までに、新型コロナウイルスの影響で出場できない代表校の救済措置として、県大会の録音音源で審査すると明らかにした。 大会を巡っては、青森県の代表校が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録