安全性担保に情報提供を/処理水放出でIAEA幹部

 東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に関し、関係省庁と意見交換するIAEAのエブラール事務次長(右)=7日午前、経産省(経産省提供)
 東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に関し、関係省庁と意見交換するIAEAのエブラール事務次長(右)=7日午前、経産省(経産省提供)
来日中の国際原子力機関(IAEA)で原子力安全局を担当するエブラール事務次長は7日、経済産業省を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出について「安全性の担保には、詳細な情報に基づき放出計画を議論する必要がある」と述べ、東電や日本政府か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録