佐々木(五戸出身)アジア初「銀」 世界デフ陸上男子100

100メートルのレース後、国旗を背負って喜ぶ佐々木琢磨選手=8月下旬、ポーランド(日本デフ陸上競技協会提供)
100メートルのレース後、国旗を背負って喜ぶ佐々木琢磨選手=8月下旬、ポーランド(日本デフ陸上競技協会提供)
8月にポーランドで開かれた聴覚障害者による「第4回世界デフ陸上競技選手権」の男子100メートルで、五戸町出身の佐々木琢磨(27)=仙台大職員=が銀メダルに輝いた。国際大会の同種目でメダルを獲得するのは、アジア人初の快挙。佐々木は取材に「長年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録