【連載・首相退陣の衝撃(下)】コロナ出口戦略「実績」に 総裁選、固唾のむ霞が関

 首相官邸に入る自民党の二階幹事長(左)ら。右は加藤官房長官=6日午後
 首相官邸に入る自民党の二階幹事長(左)ら。右は加藤官房長官=6日午後
菅義偉首相(自民党総裁)は、残された約1カ月の期間、新型コロナウイルス対策に専念する方針だ。出口戦略の道筋を提示し政権の「実績」としたい意向がある。だがレームダック(死に体)化が進む首相の「置き土産」が実行に移される保証はない。一方、9年近.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録