同僚に暴行の隊員を懲戒処分/陸自八戸駐屯地

陸上自衛隊八戸駐屯地は6日、同僚隊員を暴行したとして、第9飛行隊に所属する1等陸尉の30代男性を停職6日の懲戒処分にした。 同駐屯地によると、男性は昨年1月31日、同僚の自宅で飲酒後、八戸市内の路上で同僚の顔を2回殴打する暴行を加え、全治1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録