自社製空気清浄機、八戸市に寄贈 アンデス電気、コロナ収束願い

小林眞市長(左)に空気清浄機の説明をする安田年孝代表
小林眞市長(左)に空気清浄機の説明をする安田年孝代表
電子デバイス機器の製造などを手掛ける八戸市のアンデス電気(安田年孝代表)は8月30日、感染対策に役立ててもらおうと、同社で開発した空気清浄機「バイオミクロンスクエア」30台を市に寄贈した。 同社は今年創立50周年を迎えるに当たり、地域住民に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録