生んだ分断、外れた思惑 東京五輪・パラ閉幕

新型コロナウイルス禍で開催された東京五輪・パラリンピックが5日、閉幕した。中止を求める声の中での「強行」は国民の不信を招き、社会に分断を生んだ。政府の経済回復や政権浮揚の思惑は完全に外れる一方、「中止していたら日本全体がもっと落ち込んでいた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録