防災技能習得へ学校と地域協働 三沢・第三中と住民が合同訓練

より良い避難所運営について実践的に考える生徒たち
より良い避難所運営について実践的に考える生徒たち
三沢市立第三中(木村友昭校長)と北部地区地域学校協働防災訓練実行委員会(沼田巌委員長)は1日、同校などで、地域と学校との協働による防災訓練を実施した。全校生徒や地域住民の代表ら約70人が、地域の懸案である津波などの災害発生時に必要な避難行動.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録