【菅首相退陣へ】党内対立、解散権封じる 退陣追い込まれた歴代首相

 1976年12月、退陣を表明した三木武夫首相=首相官邸
 1976年12月、退陣を表明した三木武夫首相=首相官邸
新型コロナウイルス対応への批判から内閣支持率の下落が続き、起死回生を図った自民党役員人事も実現できず、菅義偉首相は自民党総裁選への不出馬に追い込まれた。過去には、党内対立の打開目的で衆院解散をちらつかせたものの、反発を受けて権限行使を封じら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録