高校アイスホッケーで感染拡大 計150人、青森からも2チーム参加

 全国高校選抜アイスホッケー大会 集団感染の経過
 全国高校選抜アイスホッケー大会 集団感染の経過
北海道苫小牧市で8月にあった全国高校選抜アイスホッケー大会で、計150人の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した。専門家はスポーツ大会で最大規模の感染と指摘。費用面からPCR検査をできず、決勝前日に発熱者が出たが、試合は予定.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録